2020年5月号
2020年4月号
2020年3月号
2020年2月号
2020年1月号
2019年12月号
2019年11月号
2019年10月号
2019年9月号
2019年8月号
2019年7月号
2019年6月号
2019年5月号
2019年4月号
2019年3月号
2019年2月号
2019年1月号
2018年12月号
2018年11月号
2018年10月号
2018年9月号
2018年8月号
2018年7月号
2018年6月号
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
2017年5月号
2017年4月号
2017年3月号
2017年2月号
2017年1月号
2016年12月号
2016年11月号
2016年10月号
2016年9月号
2016年8月号
2016年7月号
2016年6月号
2016年5月号
2016年4月号
 季節の変わり目で体力が落ちてくる梅雨に入ります。湿度の上昇するこの季節は、細菌の繁殖期でもあります。特に食中毒には注意しましょう。
@しっかり加熱
Aできたらすぐに食べる
B冷蔵庫で保存するなど、食品管理に気を付けてください。

食中毒とは
食中毒は、細菌や、ウイルス、毒素が食品と一緒に体内に侵入し、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こすことをいいます。
乳幼児は抵抗力が弱く、重症化することもあります。食中毒の主な原因となる細菌は"じめじめ"した梅雨や気温の高い夏に増殖しやすいので、この時期には特に注意が必要です。味、匂いに変化はなく、気づかずに食べてしまった…ということもあるのできちんと予防し、食中毒を起こさないよう注意しましょう。
おいしく食べるための虫歯予防〜6月4目は虫歯予防デー
むし歯を作らない食べ方
●おやつやお菓子などをだらだら食べず時間を決めて食べる
●適度に硬く食物繊維の多い根菜類や昆布などをよく噛んでたべる
●規則正しい食生活をする
●清涼飲料水など、糖分の多い飲み物を常用しない
●細菌をつけない
食中毒の予防法
必ず手洗い。調理前だけでなく、生肉を触ったあとなどもこまめに!生の肉や魚が、生で食べる野菜などに付着しないようにする。
●生鮮食品や残った食品はすぐに冷蔵庫(冷凍庫)へ日の当たる場所や常温での保存はNG。清潔な容器やラップを使って冷蔵保存。
●加熱・消毒・殺菌
ほとんどの菌が加熱すると死滅するため、必ず加熱して食べる。特に肉や魚は十分に。残った食品も再加熱する。ふきんや調理器具は、熱湯や漂白剤を使用して消毒・殺菌する。
おしらせ
本来ならばこの時期に芋の苗植えを行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により行くことができませんでした。芋苗植えは中止になりましたが鎌田農園さんが芋の苗を植えて下さっています。お目様と土に栄養をもらっておいしいお芋になり、芋堀が、できるのを楽しみに侍ちましょう!!
       引津保育園  栄養士 井手上 香織
<11月のお誕生会メニュー紹介>

れんこんとベーコンの炊き込みごはん、えびフライ
柿のヨーグルトサラダ、かき玉汁、
りんごゼリー、オレンジジュース

<10月のお誕生会メニュー紹介>

ターメリックライス、ハロウインハンバーグ(チーズ)
魔女のサラダ、マカロニスープ
ぶどうジュース、野菜生活ゼリー

<9月のお誕生会メニュー紹介>

くりごはん、とんかつ、かぼちゃのサラダ
お月見清汁、巨峰カルピスゼリー、りんごジュース

<8月のお誕生会メニュー紹介>

鮭と卵の混ぜ寿司、鶏肉の塩レモン唐揚げ
野菜のトマト煮、花麩とオクラのすまし汁
すいかゼリー、カルピス

<7月のお誕生会メニュー紹介>

ウインナーとコーンのピラフ、えびフライ
かぼちゃとハムのサラダ、天の川スープ
キラキラゼリー、カルピス

<6月のお誕生会メニュー紹介>

コーンライス、カエルさんハンバーグ
スパゲティーサラダ、野菜スープ
あじさいゼリー、オレンジジュース

<4月のお誕生会メニュー紹介>

たけのこごはん、鶏のから揚げ、
スナップえんどうのマセドアンサラダ
花麩のすまし汁、苺カルピスゼリー
リンゴジュース