2020年8月号
2020年7月号
2020年6月号
2020年5月号
2020年4月号
2020年3月号
2020年2月号
2020年1月号
2019年12月号
2019年11月号
2019年10月号
2019年9月号
2019年8月号
2019年7月号
2019年6月号
2019年5月号
2019年4月号
2019年3月号
2019年2月号
2019年1月号
2018年12月号
2018年11月号
2018年10月号
2018年9月号
2018年8月号
2018年7月号
2018年6月号
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
2017年5月号
2017年4月号
2017年3月号
2017年2月号
2017年1月号
2016年12月号
2016年11月号
2016年10月号
2016年9月号
2016年8月号
2016年7月号
2016年6月号
2016年5月号
2016年4月号
 日中はまだ暑さが残りますが、朝夕の風は秋の気配を感じさせるようになりました。夏の陽ざしをいっぱい浴びた子どもたちはたくましく、ひと回り大きくなった感じがします。今月は運動発表会の練習などで毎日の活動量が増え、子どもたちの食欲がましていくと思います。
 
体調を整える工夫を!
子どもだって夏の疲れが出てくるこの時期、胃腸や肝臓といった内臓もけっこう疲れています。
夏の疲れ回復のために
@早寝、早起きで生活リズムをつくる。
A1日の始まりの朝食を大切に。パンのみ、牛乳のみではなく、必ずおかずも一緒に。
B良質のたんぱく質とビタミン、ミネラルを充分にとる。
★たんぱく質は卵、肉、魚などにあります。
これから旬のおいしい魚はサバ、アジ、サンマなどです。
★ビタミンB、Cをとりましょう。
この時期の野菜、太陽の光を浴びたもの、かぼちゃ、さといも、さつまいもなど。
このような植物性の食べものは、動物性の食べものにはない繊維素があり、胃腸を刺激して、運動や分泌を盛んにして便通を良くします。血液をきれいにしたり、夏ヤセを回復したりします。そして、栄養をとった後は適度な運動と睡眠が必要です。
食べ残しを防ぐには
少食や偏食、好き嫌いが多い子どもには、量を少なめにしましよう。楽しく食べられることも大切です。好きなものを中心に入れるのも良いでしょう。お弁当箱を開けたときに、興味をひくようなものを入れるのもOK!お弁当で一番気をつけなければならないのが安全性。調理法や保存状態も考えて作りましょう。

※9/11(金)は、小運動会の為、お弁当の日です。

       引津保育園  栄養士 久保由季
<11月のお誕生会メニュー紹介>

れんこんとベーコンの炊き込みごはん、えびフライ
柿のヨーグルトサラダ、かき玉汁、
りんごゼリー、オレンジジュース

<10月のお誕生会メニュー紹介>

ターメリックライス、ハロウインハンバーグ(チーズ)
魔女のサラダ、マカロニスープ
ぶどうジュース、野菜生活ゼリー

<9月のお誕生会メニュー紹介>

くりごはん、とんかつ、かぼちゃのサラダ
お月見清汁、巨峰カルピスゼリー、りんごジュース

<8月のお誕生会メニュー紹介>

鮭と卵の混ぜ寿司、鶏肉の塩レモン唐揚げ
野菜のトマト煮、花麩とオクラのすまし汁
すいかゼリー、カルピス

<7月のお誕生会メニュー紹介>

ウインナーとコーンのピラフ、えびフライ
かぼちゃとハムのサラダ、天の川スープ
キラキラゼリー、カルピス

<6月のお誕生会メニュー紹介>

コーンライス、カエルさんハンバーグ
スパゲティーサラダ、野菜スープ
あじさいゼリー、オレンジジュース

<4月のお誕生会メニュー紹介>

たけのこごはん、鶏のから揚げ、
スナップえんどうのマセドアンサラダ
花麩のすまし汁、苺カルピスゼリー
リンゴジュース